Golden Bear

New Arrivals 新着情報

  • TOP
  • New Arrivals
  • ダンガリー襟のポロシャツ 日本のものづくり

2018.05.24ファクトリーからのお知らせ

ダンガリー襟のポロシャツ 日本のものづくり

ダンガリー襟のポロシャツへのこだわり。

デザインポイントにもなっているダンガリー襟は、デザイン、パターン、縫製に至るまで、職人の熟練した技術と精神が一番詰まっているパーツです。

「襟」に焦点をしぼって、デザインと縫製のポイントをご紹介いたします。

  

ダンガリーとは?

ダンガリーはデニムのような雰囲気をもつ生地です。

たて糸に白、よこ糸に先染めの色糸を使った生地で、デニムとは組み合わせが逆。

薄手ながら耐久性があり、風合いも楽しめる生地です。デニムより上品で、きれいめなカジュアルに適した生地です。

dungaree_素材(▲写真左・ダンガリー 右・デニム)

 

ボタンダウンデザイン

ボタンダウンは、貴族のスポーツとして親しまれたポロ競技から生まれました。

風にあおられる襟を止めるため、身頃にボタンを付けたと言われています。

dungaree_6624

 

またボタンを止めることで襟先から生まれるロールが着こなしのポイントにもなっています。

今回のダンガリー襟のポロシャツは、少しの隙間から見える襟裏を、より上品に見せるため身生地と同じ生地にしています。

 

襟に込められた技術

異なる生地を縫い合わせ、たわませること無く、きれいに見せることは簡単なことではありません。

厚みや、伸縮性、感触が違うため、長年の経験により実現できるのです。

折り曲げる分の内外差をパターン・縫製で微調整をし、プレスで裏の生地が見えないように自然に押さえます。

dungaree_6431

 

襟先と快適な着心地のために

台襟と襟を縫い合わせる際に、縫い代を中に入れて縫い付けるため、襟周りは最大で6枚生地が重なります。

そのままだと厚みがあるため、ゴロつきを感じる着心地になり、襟先も出ません。そこで、職人の技術が光ります。

dungaree_6437

縫い代をカットして7mmにします。台襟のカーブをきれいに出すため、芯地のパターンを調整。

この形にすることも、容易ではありません。またカーブに適した糸調子にも、1つ1つ気を使います。

dungaree_6446 (▲襟先を出すため、襟先分をカットした芯地のパターンを作り、出来るだけ厚みをなくします。)

 

dungaree_6416(▲縫製後、余分な箇所はカットして、ひっくり返すために針先で挟んで、襟先を出します。)

 

dungaree_6408(▲ミリ単位で調整を重ねたGoldenBear専用の型)

 

dungaree_6405(▲ひっくり返した襟を型に合わせて、プレスをかけます。)

 

この後、身頃に縫い付けて完成です。

スポーティなリブ襟とは印象が異なり、工程の多いシャツ襟。

きれいな襟のラインのために、これだけの技術が詰まっていますが、ご紹介した以外にも多くの工程と手間隙が随所に見られます。

 

温暖な気候の徳島県 美馬市の工場で丁寧に縫製しています。

dungaree_6390(▲工場近郊の吉野川)

 

襟をアクセントにチノパンツにも、デニムにもコーディネートがまとまるポロシャツに仕上がりました。

6月から順次、販売開始します。

ぜひ、一度お手にとってご覧ください。

  • NEW ENTRY
  • OLD ENTRY